アレルギーはつらいよ

子供の頃からアレルギーと付き合ってきた方や突然アレルギーに悩む事になってしまった方など様々だと思いますが、原因は人によって様々です。誰でも少しは改善して良い方向に持って行きたいと考えるはずですので、微力ながらお手伝いできたらと思います。

アレルギーにかかっている人のために症状などについて説明する医師

まずは自分が何のアレルギーなのかを把握しよう

アレルギーかもしれないと感じたら、何がもとで不調となっているのか、その原因物質を知ることが大切です。まずは、どんな症状が出ているかということが、アレルギー物質を大まかに特定するための目安となります。例えば、目や鼻に炎症が起こっているのであれば、空中を浮遊するものに反応している可能性があります。また、胃腸の調子が悪い、皮膚に発疹が出たのであれば、食べ物に原因がある可能性が高くなります。それから、特定のものに接触したことで起こるタイプのアレルギーもあります。次に、いつ症状が出たか考えてみます。例えば、ある特定の季節に出やすいのであれば、その時期に舞う花粉が原因と思われます。また就寝時に出やすいのであれば、家の中のダニやほこりのせいかもしれません。また、特定のものを食べた後に症状が出たり、特定の動物や金属に触った後で調子が悪くなれば、それがもとで起こったと考えられます。これらの内容を日記のように書き留めると、自分のアレルギー物質が何なのかを知るために役立ちます。具体的には、いつどこでどんな症状がでたか、何を食べたか、どんなものを触ったか、何の臭いを感じたかといった事を記録しておきます。自分の状態をつかんだら、最後に医師に相談して、アレルギー物質を特定します。問診の結果や年齢・症状などによってアレルギーが疑われる対象に対し、血液検査が行われることになります。採血の量としては、指先からほんの数滴で大丈夫です。正確で無駄のない診断のためには、症状をきちんと伝える事が大切です。原因物質が絞り切れずに検査項目を増やすことになれば、金銭的な負担も増えてしまいます。そして、血液検査によって、自分がどんなものに反応を起こしやすいか、またどれくらい強い反応を示すのかが分かります。

アレルギー検査の種類

アレルギーは身の回りの物質に対し反応しておきる症状で、つらい症状や命の危険までおこる場合があります。未然にアレルギー検査をして知ることにより、それらの危険から回避することができます。アレルギー検査で一般的に行われるのが血液検査で、特異的IgE抗体検査法とよばれるものです。採血した血液とアレルゲンの試薬との反応で6段階に分けて分類しクラスが高いほどアレルゲンの可能性があります。その他特異的lgE抗体検査とは違う項目でアレルゲンを選別する方法もあります。白血球の中の好酸球数の多さ、lgE値は免疫物質のアトピー値、HRTはヒスタミンの量で精度が高く蕁麻疹の検査には有効です。次にアレルゲンの疑いのある物質を皮膚に塗り、時間をおいてようすを見る皮膚検査です。皮膚検査にはスクラッチテスト、皮内テスト、パッチテストがあります。スクラッチテストはアレルゲンの疑いのある物質を皮膚に塗り、針などで傷をつけ15分後に赤く腫れるかを判定します。皮内テストはアレルゲンらしき物質を皮内に入れて、同じく15分後のようすを判定します。パッチテストはアレルゲンらしき物質を皮膚に貼り付け、その後48時間、72時間の変化を見て判定します。食物関係では、食物除去と負荷試験があります。食物除去は疑わしい食べ物を2週間ほどとらずに症状が治まるかをチェックし、除去試験で疑わしい食物を食べたり成分を注射して症状を観察するのが負荷試験です。負荷試験は反応か強くでる時のため入院で検査をする場合もあります。呼吸機能検査は気管支と肺の状態、機能及び肺活量、アレルゲンに対する気道の反応を観察します。この検査は大人だけで子供には行いません。花粉症の場合は目と鼻の検査もします。結膜を軽くこすりアレルギー源の好酸球の有無をみます。鼻はアレルギー物質を入れて粘膜の変化をみます。

アレルギーを撃退する方法

アレルギーで悩む方もいるでしょう。アレルギーは子供の頃にでやすい傾向もありますが、花粉症などの場合には、大人になってからでも、体調不良や免疫力が著しく低下した場合にでも発症することがあります。アレルギーを撃退するための方法としては、原因となるものを排除していくか、自身の免疫力を高めることも大切です。花粉などのアレルギーの場合には、原因となる花粉を極力防ぐように、マスクやメガネなどでできるだけ花粉を吸い込まないようにすることが重要です。また、花粉だけでなく、ホコリなどのハウスダストなどもアレルギー反応がでやすいものです。ホコリなどを防ぐためには、日々の掃除が大切です。部屋の隅々まで掃除をしてきれいな状態を保つことで、ハウスダストの場合には予防につながります。また、子供の頃にアレルギー反応が出る場合には、免疫力などが低いことでも反応がでやすいこともあります。健康的で規則正しい生活習慣を身につけ、疲労やストレスが溜まらない環境をつくり、外で遊ばせたり、適度な運動をさせることで、筋力を発達させ、未成熟な器官をしっかりと成長していけるように、親がきちんと面倒をみるようにしましょう。運動をすることで代謝機能の向上にもつながり、免疫力を維持、向上することにもなるので、病気などにもかかりにくくなるでしょう。これに加えて、食生活でバランスのとれた食事をさせることでも、免疫力の維持につながり、アレルギー対策にもなるでしょう。しかし、アレルギーの場合には、どうしても体質的に防ぎきれない、免疫力を高めても症状がでてしまうものも複数存在します。その場合には、自身の体質をしっかりと把握し、原因となるものがどんなものであるかを医療機関でしっかりとチェックしましょう。反応がでる食材やその他の原因となるものを把握し、日々の生活で反応がでないように対応することも大切です。